medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠-生化学

典拠:Biochemistry Lippencott

Lippincott’s Illustrated Reviews: Biochemistry is the long-established first-and best resource for the essentials of biochemistry. Students rely on this text to help them quickly review, assimilate, and integrate large amounts of critical …

典拠:標準分子医化学

※ 絶版となっておりますので、Amazon(中古品があり)並びに図書館のリンクを載せておきます 生化学、分子生物学、細胞生物学の進展は予想を超える急ピッチで進行し、“医学の分子化”は医学全体に大きな影響を与えている。本書は、医学生が一般生化学、分子生…

典拠:ハーパー・生化学

生化学、分子生物学の基礎、最新の知見を、簡潔かつ正確に解説したテキスト。医学的視点から生化学が疾患の病因や診断、治療にどのようにかかわり、重要な役割を果たしているのか理解できるよう、代表的な症例を提示し、カラーイラストを多用して詳細に記述…

典拠:Lubert Stryer - Biochemistry

原著版 Biochemistry For four decades, this extraordinary textbook played an pivotal role in the way biochemistry is taught, offering exceptionally clear writing, innovative graphics, coverage of the latest research techniques and advances,…

典拠:ストライヤー生化学

かつて、生化学の興味の中心は代謝であり「ストライヤー生化学」もその過半をこの代謝の記述に当てている。本書の大きな特徴は、最新の分子生物学、細胞生物学の成果をいち早く取入れ、分子の構造と機能とに視点をおいて各領域の生命現象を論じ解説している…