読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:新病理学各論

病理学は伝統的に形態学を主な手段としてきたが、決してそれのみではない。その研究にはさまざまな方法論が駆使され、綜合されて、疾病の機序が追求される。その成果は疾患の診断、治療に応用される。ここ十年余りの間に病理学は次元の異なる2つの道をまっし…

典拠:組織病理アトラス

1982年以来,絶大な支持を誇る「組織病理アトラス」,10年ぶりの大改訂.今回は,より実践的な病理診断を念頭に,執筆陣を新たに,これまでの内容を更に発展・充実させ,33章立てで組織病理を明快に解説する.一つの疾患の種々の組織像,あるいは個別疾患の…

典拠:標準病理学

床で役立つ病理学—丁寧な解説で組織像の見方や病気のメカニズムが学べる フルカラーで、圧倒的な情報量! 貴重なマクロ画像を多数収載したほか、豊富なイラストと丁寧な解説で組織像の見方がわかる。またX線像やCT像などの臨床画像を追加し、「臨床との関連…

典拠:図説分子病態学

本書は疾患の発生機序を分子・細胞のレベルで平易に解説し病態を理解させるというコンセプトで1995年の初版刊行以来,分子病態学を受講する医学生や薬学部の学生,関連分野の若い研究者の入門書として版を重ねてきた.今回の第5版では,読者からの意見や要望…

典拠:医系病理学

疾患の成り立ち、位置づけの系統的理解のために総論、各論の別や臓器ごとの記述を廃した新しい病理学書。「物質代謝障害による病気」「細菌による病気」等の系統ごとに各種臓器、個々の病気を述べる。 現在の病理学教科書は,一般的に総論で疾患のカテゴリー…

典拠:癌の病理組織アトラス

※ 絶版となっておりますので、Amazon(中古品があり)並びに図書館のリンクを載せておきます 病理組織学の高度化、病理診断における専門化にともない、癌の病理組織学全体に通じていることは容易ではなくなってきている。長年臨床と病理診断を一体として扱っ…

典拠:分子病理学

※ 絶版となっておりますので、Amazon(中古品があり)並びに図書館のリンクを載せておきます 《内容》 近年の分子遺伝学の発展で,疾病の発生機構に関する研究の進展には目を見張るものがある.もはや遺伝子機序を無視して疾病を語ることはできない.本書は…