読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドライン

スポンサードリンク

「ブラックボックス」―アルコールや薬物の依存症に関する発症や病態のメカニズムはいまだにこのように表現されることが多く、近年増加の一途をたどっている薬物摂取による健康被害や重大なアルコール依存症は、社会現象としてセンセーショナルに取り上げられ注目を浴びているにもかかわらず、効果的な治療手段や画期的な治療方法が十分に確立されていないのが現状です。本ガイドラインでは、実際の診断や治療に生かされるよう一流の臨床家によって執筆されました。心理・社会的サポートも含めた治療法などこれまでに得られたアルコール・薬物関連障害の知見がまとめられており、まさに、アルコール・薬物関連障害治療の英知の結集です。

[目次]
総論
 診断総論
 治療総論
 薬物療法総論
 心理社会的治療 ほか
各論
 アルコール
 覚せい剤
 有機溶剤
 ベンゾジアゼピン