読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:基準組織学

スポンサードリンク

※ 絶版となっておりますので、Amazon(中古品があり)並びに図書館のリンクを載せておきます。

本書は、現時点における組織学の「基準」を示したものである。今改訂では新時代の医学教育に沿った教科書ということで、前版の内容の補足をしわかりやすくした。図を多数追加、さらに光顕写真は、必要に応じてカラー写真として、実際の光顕像との対比を容易にした。また、「免疫系」の章を設け現代の知見を詳しく講述した。

目次
序説
細胞
上皮組織
腺
結合組織
軟骨組織
骨組織
血液とリンパ
造血組織
筋組織
神経組織
器官の構成
血管系とリンパ管系
免疫系
内分泌腺
皮膚
消化器系
呼吸器系
泌尿器系
男の生殖器
女の生殖器
中枢神経系
感覚器系