medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:標準救急医学

スポンサードリンク
師としての必須の知識とスキル。コアカリや国試出題基準の項目もカバー

日本救急医学会がその総力を挙げて編んだ救急医学教科書の最新版。心肺蘇生法や重症救急病態、災害医療など患者の救命に直結する救急医療のエッセンスをはじめ、医の原点とも言うべき救急医療のすべての領域について、将来の専門分野を超えて医師として不可欠な知識と臨床スキルを懇切に解説。コアカリキュラムや国試出題基準をカバーし、各章の冒頭には全体像の把握に役立つ「構成マップ」を掲載した。

目 次
ページの先頭へ
 カラーグラフ 

第1章 救急医学総論 
 A 救急医学について 
 B 救急医療体制 
 C 法的諸問題 
第2章 救急初療に必要な処置 
 A 一次救命処置 
 B 二次救命処置 
 C 高度な気道確保 
 D 静脈路の確保 
 E 中心静脈カテーテルの挿入 
 F 動脈カニュレーション 
 G 胃チューブ・胃洗浄 
 H Sengstaken-Blakemore(S-B)チューブ 
 I イレウス管 
 J 尿道留置カテーテル 
 K 心嚢穿刺 
 L 胸腔穿刺・胸腔ドレナージ 
 M 腰椎穿刺(髄液検査) 
 N 腹腔穿刺・腹腔洗浄 
 O 膀胱穿刺・膀胱瘻造設 
 P 止血 
 Q 小切開 
 R 排膿 
 S 縫合 
 T 輸液・輸血 
 U 救急医薬品 
第3章 症状・徴候からみた救急疾患 
 A 救急診断 
 B ショック 
 C 呼吸困難 
 D 意識障害 
 E 痙攣 
 F 運動麻痺 
 G 感覚障害 
 H 失神 
 I 頭痛 
 J 胸痛 
 K 腹痛 
 L 腰背部痛 
 M 発熱・発疹 
 N 脱水 
 O めまい 
 P 動悸 
 Q 喀血 
 R 嘔吐 
 S 下痢 
 T 吐血・下血 
 U 鼻出血 
 V 尿の異常 
第4章 重症救急患者の管理 
 A 生体侵襲と生体反応 
 B 循環管理 
 C 呼吸管理 
 D 意識障害患者の管理 
 E 体液管理 
 F 血液浄化 
 G 血液凝固・線溶系の管理 
 H 栄養管理 
 I 感染症 
 J 敗血症 
 K 脳死  
第5章 内因性の救急疾患 
 A 中枢神経系 
 B 呼吸器系 
 C 循環器系 
 D 消化器系 
 E 内分泌代謝系 
 F 腎泌尿器系,産婦人科,小児科,精神科 
第6章 外因性の救急疾患 
 A 外傷総論 
 B 多発外傷 
 C 頭部外傷 
 D 顔面・頸部外傷 
 E 胸部外傷 
 F 腹部外傷 
 G 骨盤外傷 
 H 四肢・脊椎外傷 
 I 皮膚・軟部組織損傷 
 J 熱傷 
 K 化学損傷 
 L 電撃傷 
 M 急性中毒 
 N 熱中症・低体温症 
第7章 災害医療 
 A 災害医学の概念 
 B 自然災害 
 C 人為災害 
 D 緊急被ばく医療