medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:標準生理学

スポンサードリンク

臨床に出てからその必要性を痛感する生理学。膨大な知識の理解に最適 本書は、膨大な生理学の知識を基本概念から最新の知見まで、詳細かつわかりやすくまとめた国内最高峰のテキスト。生理学を系統的・論理的に理解することができる。第8版では、本文中の重要語句を太字で示し、章の構成マップも充実させ、より使いやすさを追求した。巻末付録「生理学で考える臨床問題」では、臨床に役立つ生理学的思考方法を培うことができる。

目次
 序章 
第1編 生体の一般生理 
 第1章 細胞の微細構造と機能 
 第2章 細胞・生体とその環境 
 第3章 水分子の特性と浸透圧 
第2編 神経と筋 
 第4章 膜興奮性とイオンチャネル 
 第5章 筋肉とその収縮 
 第6章 興奮の伝達 
第3編 神経系の形態と機能/概説 
 第7章 神経細胞学/総論 
 第8章 神経回路機能/総論 
第4編 感覚機能 
 第9章 感覚機能総論 
 第10章 体性感覚 
 第11章 聴覚 
 第12章 平衡感覚 
 第13章 視覚 
 第14章 味覚と嗅覚 
第5編 運動機能 
 第15章 筋と運動ニューロン 
 第16章 脊髄 
 第17章 脳幹 
 第18章 大脳皮質運動野と大脳基底核 
 第19章 小脳 
 第20章 発声と構音 
第6編 自律機能と本能行動 
 第21章 自律神経系 
 第22章 本能的欲求に基づく動機づけ行動 
第7編 高次神経機能 
 第23章 大脳皮質の機能局在 
 第24章 統合機能 
第8編 体液 
 第25章 ヒトにおける体液の調節-統合機能の重要性 
 第26章 酸塩基平衡の基本概念 
第9編 血液 
 第27章 血液の組成と性状 
 第28章 血液細胞の産生 
 第29章 赤血球 
 第30章 鉄の代謝 
 第31章 白血球 
 第32章 免疫反応と炎症 
 第33章 血小板と凝固機能 
 第34章 血液型 
第10編 循環 
 第35章 循環系の基本的性質 
 第36章 血液循環 
 第37章 心臓の働き 
 第38章 循環系の調節 
 第39章 局所循環 
第11編 呼吸 
 第40章 呼吸生理学の基礎 
 第41章 肺の換気 
 第42章 肺循環とガス交換 
 第43章 血液ガスの運搬 
 第44章 呼吸の調節 
 第45章 呼吸の適応と病態 
第12編 腎臓 
 第46章 腎臓生理学の基礎 
 第47章 糸球体濾過と腎循環 
 第48章 有機物質の尿細管再吸収と分泌 
 第49章 尿細管のNa+,Cl-輸送 
 第50章 K+輸送 
 第51章 Ca2+,Mg2+,リン酸の輸送 
 第52章 尿濃縮と希釈 
 第53章 腎における体液量調節 
 第54章 腎における酸塩基輸送と調節 
第13編 消化と吸収 
 第55章 消化と吸収の一般原理 
 第56章 食物の摂取と輸送 
 第57章 胃 
 第58章 肝・胆および膵外分泌系 
 第59章 小腸 
 第60章 大腸の機能と排便 
 第61章 栄養素などの消化と吸収 
第14編 環境と生体 
 第62章 エネルギー代謝 
 第63章 体温とその調節 
 第64章 概日リズム 
 第65章 運動と体力 
 第66章 環境因子と発達,成長,加齢 
第15編 内分泌 
 第67章 内分泌総論 
 第68章 視床下部ホルモン 
 第69章 下垂体ホルモン 
 第70章 ACTH,副腎皮質ホルモン 
 第71章 副腎髄質ホルモン 
 第72章 ゴナドトロピンと性腺ホルモン 
 第73章 甲状腺刺激ホルモンと甲状腺ホルモン 
 第74章 カルシウム代謝の内分泌制御 
 第75章 消化管ホルモン 
 第76章 膵島ホルモン 
第16編 生殖 
 第77章 生殖腺の性分化・発達 
 第78章 男性の生殖機能 
 第79章 女性の生殖機 
 第80章 妊娠と分娩 
付録 
 1 生理学で考える臨床問題 
 2 医師国家試験出題基準対照表 
 3 医学教育モデル・コア・カリキュラム対照表