読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:標準臨床検査医学

スポンサードリンク

臨床検査医学の知識を広く深く学べる、医学生のためのスタンダードな教科書
臨床検査医学の知識を広く深く学べ、十分身につけられる、医学生のためのスタンダードな教科書。臨床検査医学の基本的事項はこの1冊に網羅。さらにAdvanced Studiesをチェックすれば、臨床検査への見識がさらに深まる。

目 次
第I編 検体の基礎 
第1章 検体の基礎 
 A 検査の意義と目標 
 B 検査の種類と特性 
 C 検査の臨床的役割と適応 
 D 検査の有用性と効率性 
 E 基準値(正常値)と病態判別値 
 F 検査の誤差と精度管理 
 G 検査結果の解釈 
 H 検査による医療事故の防止 
 I 医療従事者の安全管理 

第II編 検体検査 
第2章 検体の採取と保存 
 A 検体採取のタイミング 
 B 各種検体の採取 
 C 抗凝固剤,その他検体への添加剤の特徴と使用法 
 D 検体の保存・運搬と安定性 
第3章 一般的臨床検査 
 A 尿検査 
 B 糞便検査 
 C 脳脊髄液検査 
 D 穿刺液(胸水・腹水)検査 
 E 喀痰 
 F その他の穿刺液,分泌液検査 
第4章 血液学的検査 
 A 血球検査 
 B 血栓・止血(関連)検査 
第5章 生化学検査 
 A 下垂体 
 B 甲状腺 
 C 副甲状腺 
 D 副腎 
 E 性腺 
 F 膵 
 G 血糖 
 H 非蛋白窒素 
 I ビリルビン 
 J ビタミン 
 K 蛋白 
 L 脂質・リポ蛋白 
 M 腫瘍マーカー 
 N 心筋マーカー/心筋ストレスマーカー 
 O 酵素 
 P 電解質 
 Q 重金属ならびに関連蛋白 
 R 血中薬物・毒物と代謝産物 
第6章 免疫学検査 
 A 感染症の免疫血清検査 
 B アレルギーの検査 
 C 細胞性免疫・サイトカイン 
 D 移植免疫 
 E 自己抗体 
 F 補体 
第7章 微生物学検査 
 A 微生物学検査の位置付けと現状 
 B 微生物学検査の種類 
 C 検体の採取法 
 D 細菌などを対象とした検査法の実際 
 E 各病原体による感染症と検査方法 
第8章 病理検査・病理診断 
 A 組織診 
 B 細胞診 
第9章 輸血検査 
 A 輸血検査 
第10章 染色体検査・遺伝子検査 
 A 染色体検査 
 B 遺伝子検査 

第III編 生体機能検査 
第11章 呼吸機能検査 
 A 換気機能に関する検査 
 B ガス交換機能に関する検査 
第12章 心機能検査 
 A 心電図検査 
 B 心音図検査 
 C 心エコー 
第13章 神経学的検査 
 A 脳波 
 B 筋電図 
第14章 その他の生体機能検査 
 A 肝・胆道機能検査 
 B 膵機能検査 
 C 腎機能検査 

付録1:SI単位 
付録2:臨床実習プログラム 
付録3:MCQ(multiple choice question)