medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:腹部画像診断学

スポンサードリンク

 近年の画像診断学の進歩は,ご多聞にもれず他の技術のそれと同様に指数関数的であり,単純X線写真の時代から,超音波画像,X-CTあるいはMRIの導入と共に,急に著しくなり,目をみはるものがある.ことにコンピュータの進歩などと相まって高速撮影が可能となり,その結果病変の質的診断の領域においても著しい進歩をみている.そのために,生化学の分野と同じように画像診断学においても,領域によっては1年前のデータはもう陳腐といわれる.このように情報生産のサイクルが短くなっている今日,準備段階から日の目をみるかでに半年あるいは1年を要する雑誌では,内容によってはもう遅すぎるといわれる.いわんや,企画から出版までに数年を要する成書となると,出来上がった時にはすでに価値が半減しているということに,成りかねない.  このような時代にあっても成書を出版する意味があるのだろうかとの議論もあるが,ものごとの基本を説く成書は何時の時代にあっても重要である.本書はまさにそれであり,次のような特筆すべき点をもっているので,これから画像診断学を志す人にとって役立つ成書として,ながく生き続けるだろうと期待できる. (1)病理組織的裏づけに基づいて画像を説明している.画像が出来る機序を病理学的所見にとどまらず病変部の生化学的特質に立ち返って説明している.このような立場に立つ成書は従来,少なくとも和書には,欠けていた.常に,『何故』『どうして』,という視点で読影するようにリードしている.単に癌は白,炎症は黒というような単純化したパターン認識から診断するのでなく,何故癌は白になるのかの説明がある.それによって灰色の症例をどのように読影,解釈すればよいのかを説いている. (2)総合画像診断の立場をとっている.単純X線写真,超音波画像,MRIにとどまらず,日常用いられる全ての方法を駆使して,それぞれの方法の得失を考慮しつつ,総合的に病変の存在診断,そして質的診断をすることを説いている. (3)分担執筆でありながら単著とかわらないほど,スタイル,文章ともに統制がよくとれていて読みやすい.  編者の本田 浩をはじめ分担執筆者は,全員同じ教室員であり,腹部領域の診断グループのメンバーである.各臓器をそれぞれのエキスパートが担当し,病理所見については,病理学教室で大学院生として訓練を受けてきた者が担当している.腹部診断グループの今日までの研究の集大成でもある.全員昼間の日常診療をこなした上での研究活動ののち,1日を25時間にしてがんばってくれた.その意味では,これは執筆者1人ひとりが家族の一人ひとりに捧げる書でもあろう.使用されている画像は全て,九州大学医学部附属病院並びに関連病院で撮影されたものである.一枚いちまいには数知れぬ多数の技師の情熱が込められているのがみえる.  本書がこれから画像診断学の道を進もうと志す若い学徒に,考える画像診断学への道標として,ひろく用いられることを願っている.

目 次

第1章 肝臓  本田 浩
 A 正常解剖
   a)区域
   b)血管系: 動脈,静脈,門脈
   c)リンパ流
 B びまん性疾患
  1.肝硬変
  2.ヘモジデローシス,ヘモクロマトーシス
  3.脂肪肝
  4.不均一な脂肪沈着
  5.糖原病(Glycogen storage disease)
  6.アミロイドーシス
  7.急性肝炎・劇症肝炎
  8.Budd-Chiari症候群
  9.トロトラスト沈着症
  10.放射線肝障害
 C 非腫瘍性非炎症性病変
  1.肝嚢胞
  2.polycystic disease
  3.peribiliary cyst
  4.ciliated hepatic foregut cyst
  5.サルコイドシース
 D 炎症性病変
  1.炎症性偽腫瘍
  2.膿瘍: 細菌,アメーバー,真菌
  3.肉芽腫: 幼虫移行症
  4.日本住血吸虫症 (schistosomiasis)
  5.肝蛭症(Fasciliasis)
  6.肝吸虫症(Clonorchis sinensis)
  7.肝包虫症(エヒノコッカス症): 単包条虫,多包条虫
  8.結核腫
 E 腫瘍類似病変
  1.限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia)
  2.Peliosis hepatis
  3.限局性脂肪変性(focal fatty change)
  4.脂肪肝内のfocal spared area
 F 良性腫瘍
  1.肝血管腫 (hemangioma)
  2.肝腺腫
  3.血管筋脂肪腫  (angiomyolipoma)
  4.小児性血管内皮腫(肝血管腫)
  5.胆管嚢胞腺腫
  6.脂肪腫
 G 悪性腫瘍
  1.肝細胞癌
  2.胆管細胞癌
  3.転移性肝癌: 多血性,乏血性
  4.嚢胞腺癌
  5.血管肉腫(angiosarcoma)
  6.上皮様血管内皮腫(epithelioid hemangioendothelioma)
  7.悪性リンパ腫
文献

第2章 胆嚢  吉満 研吾
 A 正常解剖
   a)胆嚢,胆管
   b)血管: 動脈静脈
   c)リンパ流
 B 腫瘍性・偽腫瘍性疾患
  1.胆嚢癌: 内腔型,壁肥厚型,塊状型
  2.ポリープ(コレステロール,過形成,炎症性)
  3.腺腫
  4.胆嚢転移性腫瘍
 C 炎症性病変
  1.急性胆嚢炎
  2.慢性胆嚢炎
 D 胆石症
 E 胆嚢腺筋症
 F 浮腫性胆嚢壁肥厚

3章 膵臓  入江 裕之
 A 正常解剖
   a)膵
   b)血管系
   c)リンパ流
 B 炎症性疾患
  1.急性膵炎
  2.慢性膵炎
 C 腫瘍性疾患
  1.膵癌
  2.インスリノーマ
  3.粘液産生膵腫瘍
  4.漿液性嚢胞腺腫
  5.転移性腫瘍
  6.Solid and cystic tumor
 D 非腫瘍性非炎症性疾患
  1.脂肪浸潤
  2.Von Hippel-Lindau disease
  3.Pancreas divism(膵管癒合不全)
  4.Cystic fibrosis(嚢胞線維症)
文献

第4章 脾臓  入江 裕之
 A 正常解剖
 B 炎症性疾患
  1.膿瘍
  2.炎症性偽腫瘍
 C 腫瘍性疾患
  1.血管腫
  2.過誤腫
  3.血管肉腫
  4.悪性リンパ腫
  5.転移性腫瘍
 D その他
  1.副脾
  2.脾腫
  3.嚢胞
  4.外傷
  5.梗塞
  6.Gamna-Gandy結節
文献

第5章 腎・尿路系  相部 仁 本田 浩
 A 正常解剖
   a)腎
   b)尿管
   c)膀胱
   d)リンパ流
 B 先天奇形
  1.重複尿管
  2.位置異常
  3.馬蹄腎
 C 非腫瘍性嚢胞性疾患
  1.単純性腎嚢胞
  2.Complicated renal cyst
  3.多嚢胞症
 D 血管性疾患
  1.腎梗塞
  2.腎動静脈奇形
  3.腎動脈瘤
 E 出血
   被膜下血腫,腎周囲腔内血腫
 F 炎症性疾患
  1.腎結石,尿管結石
  2.腎石灰化症
  3.急性腎盂腎炎
  4.気腫性腎盂腎炎
  5.腎膿瘍
  6.腎結核
  7.黄色肉芽腫性腎盂腎炎
  8.Replacement lipomatosis of the kidney
 G 腎腫瘍
  1.腎細胞癌
  2.嚢胞性腎癌
  3.Multilocular cystic nephroma
  4.Bellini duct 腎癌
  5.Oncocytoma
  6.血管筋脂肪腫
  7.悪性リンパ腫
  8.転移性腎癌
  9.腎盂移行上皮癌
 H 膀胱の炎症性疾患
  1.気腫性膀胱炎
  2.嚢胞性膀胱炎
  3.膀胱憩室
 I 膀胱腫瘍
  1.膀胱移行上皮癌(膀胱癌)
  2.尿膜管癌
  3.平滑筋肉腫
文献

第6章 副腎,後腹膜  田島 強  本田 浩
 A 正常解剖
   a)副腎
   b)後腹膜腔
 B 副腎の良性腫瘍
  1.副腎腺腫
  2.褐色細胞腫
  3.副腎骨髄脂肪腫
  4.副腎血管腫
 C 副腎の悪性腫瘍
  1.副腎皮質癌
  2.転移性副腎腫瘍
  3.神経芽細胞腫
 D 副腎の非腫瘍性疾患
  1.副腎皮質過形成
  2.副腎血腫
  3.副腎嚢胞
 E 後腹膜腫瘤性疾患
  1.脂肪肉腫
  2.神経節細胞腫
  3.神経鞘腫
  4.類皮嚢胞,奇形種
  5.平滑筋肉腫
  6.下大静脈腫瘍
 F 後腹膜非腫瘍性疾患
  1.後腹膜線維症
  2.後腹膜血腫
文献

第7章 男性生殖器  黒岩 俊郎  金子 邦之
 A 前立腺
    正常解剖
  1.前立腺肥大症
  2.前立腺癌
  3.前立腺肉腫
  4.前立腺嚢胞
 B 睾丸および陰嚢
    正常解剖
  1.睾丸の腫瘍性疾患
  2.睾丸の非腫瘍性疾患

第8章 女性生殖器 黒岩 俊郎  金子 邦之
 A 子宮
    正常解剖
  1.発育異常(奇型)
  2.子宮筋腫
  3. 子宮腺筋症
  4.子宮頚癌
  5.子宮体癌
  6.子宮内腫
 B 卵巣
    正常解剖
  1.卵巣腫瘤
 C 卵管
  1. 卵管留膿腫,卵管卵巣膿瘍
  2.卵管癌
 D 絨毛性腫瘍
文献