読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

典拠:臨床精神医学講座:薬物・アルコール関連障害

スポンサードリンク

精神作用物質の乱用・依存状況は、その多様化、若年化に伴って、近年増加傾向にあります。本書では、豊富な疫学データによって現状を明らかにし、精神障害との関連やメカニズム、治療法等の実際について解説しました。また、関連法規等についても詳述しています。

目次
■総論
 依存と関連障害の概念
 疫学
  ・薬物関連
  ・アルコール関連
 成因論
  ・生物学的側面
   神経化学的側面
   行動薬理的側面
  ・心理・社会的側面
   薬物関連
   アルコール関連
 国際向精神薬条約
 診断分類―国際疾病分類 ICD-10
 治療の概要

■各論
 アルコール依存と関連障害
  ・薬理作用
  ・症状・経過・診断
  ・関連身体障害
 ・治療・リハビリテーション
 覚せい剤依存と関連精神障害
  ・薬理作用、乱用状況
  ・症状・経過・診断
  ・治療
 有機溶剤乱用と関連精神障害
  ・薬理作用、乱用状況、症状・経過、診断
  ・治療
 麻薬・鎮痛薬依存症
 大麻依存
 他の薬物依存と脳障害
  ・抗不安薬と睡眠薬
  ・ニコチン
  ・コカイン
  ・phencyclidine
  ・その他
 薬物・アルコール関連障害と刑事責任能力
 関連法規とその抜粋