読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

肝胆膵 27 正常な胆道系

スポンサードリンク

→ 肝胆膵系 目次

Chapter 27 正常な胆道系

典拠:標準組織学各論 [78, p.165]

胆道系のマクロ構造

  • 胆管
    • 肝内胆管
    • 肝外胆管
      左右の胆管が合流して総胆管となる。
  • 胆嚢
    胆汁の貯蔵と濃縮を行なう。CCK-PZ によって胆嚢が収縮して胆汁を 放出する。粘膜上皮は背の高い単層円柱上皮で、胆嚢壁は粘膜筋板を欠くために粘膜固有層からすぐに筋層へ続く。

組織学的構造

  • 粘膜上皮は背の高い単層円柱上皮
  • 粘膜筋板を欠く
    したがって粘膜固有層からすぐに筋層へ続く。
  • 筋層は結合組織の中にまばらに平滑筋繊維が走る
  • ロキタンスキー・アショフ洞 sinus of Rokitansky-Aschoff
    胆嚢において上皮が粘膜固有層や筋層にまで落ち込んでできたくぼみ。菌の温床なるため胆嚢炎の母地となる。

27.1 胆嚢 gallbladder

典拠:標準外科学 8 版 [84, p.609] ,
典拠:Ganong16 [20, p.458] ,
典拠:Ganong17 [21, p.462] ,
典拠:標準生理学 4 版 [88, p.637]

概念

胆汁の貯蔵と濃縮を行なう。
オッデイ括約筋が収縮していると胆道内の胆汁は圧較差によって胆嚢へと流入する。胆嚢内の胆汁は水分と電解質を吸収されて急速に濃縮される。
CCK-PZ およびセクレチンと迷走神経によって胆嚢が収縮し、オッデイ括約筋が弛緩すると胆汁が十二指腸へと放出される。

構造

  • 肉眼構造
    • Hartmann’s pouch
      胆嚢体部と頸部のあいだにある漏斗状部をいう。
  • 組織学的構造
    粘膜上皮は背の高い単層円柱上皮で、胆嚢壁は粘膜筋板を欠くために 粘膜固有層からすぐに筋層へ続く。

↑ トップページ → 肝胆膵系 目次