medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

肝胆膵 8 肝臓の病理組織

スポンサードリンク

→ 肝胆膵系 目次

Chapter 8 肝臓の病理組織

肝細胞胞体の変化

  • 脂肪変性
    • マロリー小体、アルコール硝子体 mallory body , alcoholic hyaline
      境界不明瞭な好酸性蓄積物で、脂肪変性した肝細胞内に散見される。アルコール性肝障害や脂肪肝に出現する。
  • 風船状変性, 風船細胞 baloon cell
    急性ウイルス性肝炎もしくはアルコール性肝炎で見られる。
  • 羽毛状変性 feathery degeneration
  • 好酸小体、カウンシルマン小体 acidphilic body, coundilman’s body
  • すりガラス状胞体 ground glass appearance
  • 色素沈着
    • lipofuscin
    • ceroid body
    • bile pigment
    • hemosiderin
    • 銅沈着

肝細胞核の変化

  • 多核
  • 核の空胞変性
  • 核内封入体 intranuclear inclusion body
    サイトメガロウイルスによる感染。

組織学的変化


↑ トップページ → 肝胆膵系 目次