medical praxis - web版 医学ノート - 国家試験対策

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

スポンサードリンク

血液学 Part IX 出血性素因

スポンサードリンク

→ 血液学 目次

Part IX 出血性素因

血小板異常

  • 特発性血小板減少性紫斑病 idiopathic thrombocytopenic purpura, ITP
    • 急性型:感染症のあとに急激に発症
    • 慢性型
  • 血栓性血小板減少性紫斑病 thrombotic thrombocytopenic purpura
  • 血小板機能異常症
    • 粘着の異常
      Bernard-soulier syndrome
    • 放出の異常
      Storage pool disease
    • 凝集の異常
      血小板無力症

凝固異常

深部で出血傾向。

IX 出血性素因

34 止血機構とその異常
 34.1 一次止血機構
 34.2 血液凝固系経路 blood coagulation
  34.2.1 内因系血液凝固, 凝固内因系
  34.2.2 外因系血液凝固, 凝固外因系
  34.2.3 final common pathway
 34.3 血管内皮細胞と血液凝固系
 34.4 ビタミン K と血液凝固
  34.4.1 ビタミン K 欠乏症 vitamin K deficiency
 34.5 血液凝固系の異常
  34.5.1 血友病 hemophilia
  34.5.2 フォンヴィルブランド病 von Willebrand disease, vWD
  34.5.3 播種性血管内凝固症候群 disseminated intravascular coagulation, DIC
35 血栓性疾患
 35.1 先天性血栓性疾患
  35.1.1 凝固阻止系とその異常
  35.1.2 先天性アンチトロンビン III 欠乏症 antithrombin deficiency
  35.1.3 先天性プロテイン S 異常症 protein-S deficiency
  35.1.4 先天性プロテイン C 異常症 protein-C deficiency
 35.2 後天性血栓性疾患
  35.2.1 抗リン脂質抗体症候群 antiphospholipid syndrome, APS
36 線溶系 fibrinolysis とその異常
 36.1 PAI-1 欠損症
37 血小板異常の疾患
 37.1 血小板減少症 thrombocytopenia
  37.1.1 特発性血小板減少性紫斑病 idiopathic thrombocytopenic purpura, autoimmune thrombocytopenic purpura ITP, AITP   37.1.2 血栓性血小板減少性紫斑病 thrombotic thrombocytopenic purpura, TTP
  37.1.3 Kasabach-Merritt 症候群
  37.1.4 偽性血小板減少症 pseudothrombocytopenia
 37.2 血小板機能異常症
  37.2.1 Bernard-soulier 症候群, BSS
  37.2.2 血小板無力症,Glanzmann 病 thrombasthenia
  37.2.3 Storage pool 病
 37.3 血管紫斑病 purpura
  37.3.1 Ehlers-Danlos 症候群
  37.3.2 Osler 病, 遺伝性出血性抹消血管拡張症 Osler-Weber-Rendu disease, herediary hemorrhagic telangiectasia
 37.4 血小板増多症, 血小板増加症 thrombocytosis


↑ トップページ → 血液学 目次